しっかりと除去する

仰向けの女子

タトゥー除去を取り扱うクリニックは多数あります。施術方法もいくつかありますので、自分のタトゥーにあった切除の仕方を選ぶといいでしょう。また施術方法によって治療期間が変わります。急いで除去したいのか、時間をかけてゆっくりきれいに除去したいのかによっても違います。 タトゥー除去の方法は、レーザー、切除、植皮などがあります。レーザーによるタトゥー除去は、黒や青などの単色のものに適しています。これらの色にレーザーが反応するからです。ただし大きなタトゥーだと一度できれいにすることは難しいので、数か月おきにレーザー照射が必要です。傷あとが残りにくいのも特徴です。カラーのタトゥーの場合は色が完全には落ちません。

レーザー以外の施術は、皮膚の切除や縫合、移植を伴います。そのため、傷あとが残ります。ただ一度の手術で済みますので、就職や結婚が決まった方などには最適です。これら3つのうち、どの方法がいいのかは大きさにもよります。背中など、広範囲のタトゥーなら、自分の皮膚を植皮する方法が一般的です。臀部などの皮膚を使います。移植元と、移植先の両方に傷あとが残ります。 どの方法をとっても、メリットデメリットがあります。レーザーは傷あとは残りませんが、完全に消えるわけではありません。その他植皮などはタトゥーは消せますが、傷あとが残ります。傷あとが目立つか、目立たないかは、クリニックの医師の腕次第と言ったところでしょうか。タトゥー除去の実績が多いクリニックの方が、ノウハウがある分、仕上がりもより美しいようです。インターネットで口コミやクリニックのランキングなどが掲載されていますので、参考にしてみてください。

Copyright(c)2015 おしゃれ感覚で入れて後悔ータトゥーは除去できるー